カテゴリー
登山、ハイキング

苗場山|百名山

標高2,145m。新潟県と長野県の県境に位置する日本百名山。見どころは広大な山頂湿原。

携帯がつながらないほど山深い山頂。

その山頂に広がる黄金色に色付き始めた湿原を眺める至福の時間。

穏やかに吹くそよ風がとっても気持ちいい。

後世にいつまでも守り続けていきたい場所。

日本百名山著者の深田久弥は、以下のように述べている。
「もし苗場が平凡な山であったら、ただの奥山として放っておかれただろう。ところがこれは人の目を惹かずにはおかない。そして一ぺんその山を見たら、その名を問わずにはおられない特徴を持っている。すぐれた個性は、どんなに隠れようとしても、世にあらわれるものである。」


祓川(はらいがわ)登山口メモ

■ アクセス:林道を30分ほど進む。進むのがいやになるほど狭い。
■ 駐車場:無料 30台くらい停められる
■ トイレ:あり(水洗、紙あり)
■ 自動販売機:なし
■ 備考:和田小屋に登山届提出用の紙あり。和田小屋、山頂ヒュッテにもトイレあり

見どころ

広大な山頂湿原

祓川コースルートメモ

■ 実コースタイム:
  登り3時間50分【8:10-12:00】
  下り3時間10分【13:30-16:40】 

登り: 駐車場-(30分)-和田小屋-(45分)-下ノ芝-(35分)-中ノ芝-(30分)
       -神楽ヶ峰-(20分)-雷清水-(30分)-雲尾坂-(30分)-苗場山山頂 
下り: 苗場山頂-(80分)-上ノ芝-(40分)-下ノ芝-(70分)-駐車場

2015年9月の話

自宅から登山口までは約4時間(午前3時半→午前7時半)
狭い林道をびくびくしながら進み、なんとか駐車場が埋まる前に到着。


ほとんど寝ずに出発するので、登山口に付く頃には大抵いつもぐったり。でも今回は意外と元気だった。
天気が回復することに期待して、8時10分登山開始。

和田小屋までは、登山道と舗装された林道が選択できる。
登山道はぬかるんでるからか、それとも近いのか、大抵の人は皆林道を歩いていた。

自分たちも先鋒に合わせてついていく。

和田小屋からはしばらく登りやすい傾斜がずーっと続いていた。

中ノ芝に出ると視界が開け、色付き始めた紅葉が綺麗。
ベンチが設けられており、ちょうど良い休憩ポイント。

更に登っていき、股スリ岩を越えると緩やかな下りから稜線歩きになり、ほどなく神楽ヶ峰へ。

神楽ヶ峰は苗場山が綺麗に見える絶景ポイントだが、雲に覆われていた。

気落ちしながら富士見坂を下ってくうちにだんだんと雲が薄くなり、苗場山の全貌がちょっとずつ見えてきてくれた。

途中、水場である雷清水を味見。

そしてさらに下るとお花畑。

7月中旬がピークのようで、9月下旬では花はまばら。

ここから見上げる苗場山の斜面は、雲尾坂と呼ばれかなりの斜度。

雲尾坂は、見た目通りの心臓破りの急登。

この急登を15分登りきると、いよいよ麦草色の山頂湿原がお出迎え。

さらに進むと山頂。晴れ間が見えてきてくれた。

登頂。標高2145m

今年2座目、通算15座目の日本百名山登頂。
山頂は樹々にはばまれ展望はない。

その後、山頂ヒュッテにある外のベンチでゆっくりと休憩。
広大な湿原を眺めるのがとっても気持ちがいい。
いつまでも居たくなる。

この日はシルバーウィークということもあり、山頂ヒュッテである苗場山自然体験交流センターは予約で満員。
とっても山深いので、星空もさぞかし綺麗なことだろう。

下山後には、道の駅みつまたの隣にある「街道の湯」へ。

まさに苗場山登山者のために作られたと感じるような場所にある。
車で10分ほど離れた場所にある貝掛温泉もとっても魅力的なようだ。

苗場山はまた登りたくなる山だった。
ただ、祓川の駐車場への林道はちょっと怖いので、
今度登るときは、反対側から登る小赤沢コースを利用してみたい。

苗場山自然体験交流センター
街道の湯

36.859073

138.710756

13

20150920.kml


大雪山 旭岳|日本百名山

大雪山は、北海道の中心部にある火山群の総称。その北部に位置する旭岳【標高2290m】が、大雪山最高峰であり、北海道の最高峰でもある。

四方木不動滝/鴨川市

清澄山を源流とする小櫃川本流にかかる落差約10mの滝。房総半島の中でもトップクラスで標高が高く、山深い場所にある。

吾妻山系、一切経山から紅葉美しい五色沼と吾妻小富士/福島県の山

標高1949m。浄土平から一切経山、五色沼、家形山へ。午後は吾妻小富士をお鉢巡り。

妙高山|日本百名山

標高2453m。新潟県。

乗鞍岳|日本百名山

長野県と滋賀県の県境にある日本百名山。一応北アルプス。

鳥海山登山

山形県の最高峰。日本百名山。

おしらじの滝[栃木県]

おしらじブルーの滝壺を蓄える神秘的な場所

小野川不動滝/福島県

グランデコスノーリゾートに行く道の途中、左手にある狭い林道を2〜3分ほど進むと駐車場があります。

火打山登山【百名山】

標高2462mの火打山は、新潟県の頸城山塊(くびきさんかい)にそびえる日本百名山

神秘的な古沼

モリアオガエルの繁殖地、古沼へのハイキング

谷川岳登山【百名山】

【百名山登山】(16/100)
群馬・新潟県の県境にある日本百名山、谷川岳

払沢の滝[東京都]

払沢の滝

2016年6月、東京都払沢の滝の記録

瑞牆山登山【百名山】

2016年7月2日、瑞牆山登山の記録

True Wireless Zero TWZ-1000/ZERO AUDIO

初めて購入したbruetoothイヤフォン、True wireless zero。購入1年後の振り返り。

山登りと滝巡り

山登りの記録

14