カテゴリー
バードウォッチング 登山、ハイキング

風雨の中、ライチョウ現る/乗鞍岳

2020年8月11日。乗鞍岳山塊の一峰、大黒岳山頂付近にて。

大黒岳山頂にある方向板を少し通り過ぎたとき、登山道の目の前に彼はいきなり現れた。

ライチョウ目当てに、悪天候の中大黒岳に登ってきたものの、まさか出会えるとは思っていなかった。


前日乗鞍岳最高峰に登頂。標高2700mにある銀嶺荘に宿泊し、星空とご来光を堪能した。

その翌日、ライチョウに出会うことを一応の目標にして、前日まだ登っていなかった大黒岳へ。

限られた高山にしか生息していないライチョウは、乗鞍岳のシンボル。

前日見た案内センターの掲示板には、大黒岳と魔王山での目撃情報が記載されていた。

前日の晴天とは打って変わって、辺り一面雲の中。

ひょっこり顔を出してくれないかと、遠くのハイマツ帯に目を凝らす。

大黒岳山頂に着いたときには、だんだんと風雨が強まってきた。

大黒岳 山頂

諦め半分で来た方向と反対側へ下山を開始してすぐだった。

目の前に突然、岩の上を歩く茶色い丸い後ろ姿が現れた。

あまりの近距離にビックリ。

天候が悪い時ほど現れやすいと本に書いてあったけれど、まさしくその通りだった。

ライチョウ

風雨を物ともせずハイマツの若芽を食す姿に、ただただシャッターを連射した。

雷鳥はこちらの存在に気付いていても、何事もなかったように食事を続けていた。

雨が強まっても全く気にするそぶりを見せない。

まだまだ眺めていたかったけれど、後ろ髪を引かれる思いで下山した。

今度はいつ会えるだろうか。

SOY-MAP

36.124764

137.553606

13

20200810_4.kml

2020年8月  NIKON Z6/Z24-70F4 | FUJIFILIM X-PRO3/XF100-400mm 

黒い実の正体|乗鞍岳で見られた花々

乗鞍岳で見かけた花々

乗鞍岳|日本百名山

長野県と滋賀県の県境にある日本百名山。一応北アルプス。

乗鞍岳登山|畳平に宿泊

畳平から乗鞍岳剣ヶ峰までの登山。片道2時間のお気軽ルート

煤香庵/白骨温泉|乳白色の湯

乗鞍岳登山の疲れをとるために。


温泉巡り

温泉大国日本。とてもありがたい。温泉の効能は伊達じゃない。

2  

日本の城

日本の百名城、続百名城をめぐる旅

4  

山登りと滝巡り

山登りの記録

14  

野鳥探し

野鳥探しの場所

3  

PHOTO MAP

撮影地図

野鳥コレクション

小網代の森

撮りためた野鳥写真のコレクション

7  

広葉樹の薪を切るためにハスクバーナのオノを購入。

広葉樹の薪割りをするために。キャンプ用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA