カテゴリー
おすすめグッズ

マランツのAVアンプ・NR1711とDALI・オベロン3

Marantz/NR1711とDALI/OBERON3を接続。

おうち時間を充実させるために、テレビの音を良くすることにした。

小型なのに音が良いと評判のマランツ・NR1711を購入してみた。

この薄型はとてもスタイリッシュで好印象。

NR1711は高さ105mmのスリムデザインながら、実用最大出力100W、全チャンネル同一構成の7chフルディスクリート・パワーアンプを搭載。音質担当エンジニアとサウンドマネージャーによる入念なサウンドチューニングにより、マランツのHi-Fiコンポーネントにも通じる、精密かつ透明感の高い空間表現を実現しています。NR1711では、HDMI入力およびネットワークオーディオの音質向上をテーマに、コンデンサーや抵抗など数多くのパーツの品種や定数の見直し、基板上のパターンの強化、クロックモジュールの振動対策など、これまで以上に時間をかけて入念なサウンドチューニングを行いました。

https://www.marantz.jp/ja-jp/shop/avamplifier/nr1711

ただ、もうワンランク上のSR6015がテレビラックに納まるならそちらを選択していたかもしれない。

Marantz NR1711
Marantz NR1711

NR1711には測定用マイクが付属していていて、自室に適した設定を自動で行なってくれる。

当初、フロントにはONKYOのコンポに付属していたスピーカーを使用した。

スピーカースタンドは、ハヤミの実売4000円程度のものを同時に購入。

テレビの横にスタンドを配置。

スピーカーとアンプを繋ぐケーブルは、ゾノトーンの6NSP-Granster2200α。実売1m1500円ほど。青色に輝く表皮が美しい。左右で各2m購入。

澄んだ高域、ふくよかな中域、重みのある低域。しかも、端麗な音場感と写実感を実現。音楽の芸術性を体感するスピーカーケーブルです。

6NSP-Granster 2200α/超高純度6N・4種ハイブリッド 2芯・スピーカーケーブル

つい嬉しくなって、1週間後にスピーカーも新調することにした。

DALIのOBERON3。

検索してみると、実売5万円ほどのDALI OBERON1が人気。

ライトオークの色合いがおしゃれで一目惚れ。

しかし、手持ちのスピーカーより少し小さい。

どうせなら少しスケールアップもしたい。

ということで、一回り大きいOBERON3を購入することにした。

DALI OBERONは、DALIの特許技術であるSMCテクノロジーをこのクラスでは初めて搭載、劇的に中音域の歪を低減しています。新しい大口径のツィーターとウッドファイバーコーンのウーハーダイアフラムを装備、クラス最高のサウンドクオリティを誇ります。より精悍に、よりスタイリッシュに変貌したデンマーク・デザインのキャビネットとグリルを纏い、DALI OBERONシリーズはアフォーダブルな価格のHi-Fiスピーカーの新スタンダードとなるでしょう。

DALI OBERON3

購入当初は音の出方にまぁこんなもんかという印象だったけれど、エージングが進むにつれてどんどん音が安定していった。

このスピーカー本来の音を楽しむには時間がかかるようだ。

音の出方が落ち着くまでに毎日2時間程度鳴らして2週間程度はかかる気がする。

結果として大満足。

NR1711とOBERON3を繋ぐときの注意点。

色々と設定を変えながら自分好みの音を探す日々。

1ヶ月ほど気づかなかったけれど、説明書を読み返して、アンプにインピーダンス設定があることを発見した。

初期設定は8Ω以上のスピーカーを繋ぐ設定になっている。

6Ωのスピーカーを繋ぐには、別の設定をしなければならないと書いてある。本体のボタンを長押しして設定する。リモコンの設定ボタンではできない。

すると、今まで低音が出過ぎる感があった音がクリアになった印象。

アンプが本来届けたい信号がスピーカーに届いている。

大事な設定なのに、リモコンでできるセットアップメニューにないのが不思議。

この設定は気づいていない人多いんじゃないかな。

OBERON3とスピーカースタンド。

当初買ったスピーカースタンドは、実売4000円程度の安価なもの。

ハミレックス NX-B300

予算が許せば、スピーカースタンドはケチってはいけない、と思う。

しかし、せっかく買ったスタンドを生かすべく、色々と工夫してみた。

まずはスタンドとスピーカーの間に、強化ガラスの棚板を挟み込んだ。

スピーカーとガラス間はスピーカーに付属のインシュレーター。

ガラスとスタンド間はオヤイデのインシュレーター(INS-US,INS-SP)で3点支持(前2点・後ろ1点)。このままだとツルツル動くので、オヤイデのインシュレーター(INS-SP)に山本音響の制振ゴムを貼り、スタンド側の滑り留めとしている。

一応、震度4の揺れ程度にはびくともしない耐震性能を発揮してくれている。

スタンドの下にはホームセンターで買った御影石のボード・30cmx30cmx1cm。ボードとスタンドの間にはAETのインシュレーターとハネナイトで3点(前2点・後ろ1点)支持。

最近人気のダイヤモンドフォーメーションも試してみたが、いまいちしっくりこない。微妙な調整が必要なのか。

今のところインシュレーター周りはかなり満足した。

そのうち御影石ボードとスタンドをタオックの製品に変えようと企んでいる。

ゾノトーンLUGB-5.5RHをゾノトーンのケーブルに取り付け

マランツのAVアンプNR1711にゾノトーン・LUGB-5.5RHを取り付けた。音がクリアになった印象。

Soundgenicのミュージックサーバーを導入。

もうCDプレーヤーは必要ないんじゃないかと思えるくらい音が良く、操作が楽。


温泉巡り

温泉大国日本。とてもありがたい。温泉の効能は伊達じゃない。

2  

日本の城

日本の百名城、続百名城をめぐる旅

4  

山登りと滝巡り

山登りの記録

14  

野鳥探し

野鳥探しの場所

3  

PHOTO MAP

撮影地図

野鳥コレクション

小網代の森

撮りためた野鳥写真のコレクション

7  

広葉樹の薪を切るためにハスクバーナのオノを購入。

広葉樹の薪割りをするために。キャンプ用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA